第1回 春の学習相談実施報告

プロジェクト・リーダー
国際情報12期生 西山友紀子

 同窓会設立後、最初のプロジェクトとなる春の学習相談を4月13日(土)のPC研修会に合わせて実施致しました。向学心に燃える新入生は、お昼休みを早々に切り上げて参加して下さいました。本格的な学習相談第1回ということで、どのように進めるべきか迷いながらの実施でしたが、修学に対する新入生の思いや不安が伝わってくる1時間だったと思います。
 春の学習相談は新入生の不安や疑問を早期に解決し、できるだけ早い段階でリポート作成や修論に集中していただけるように企画しています。また、できるだけ多くの人に参加して頂き、単に不安や疑問を解消するだけでなく、互いに助け合い、共に修了を目指すことのできる学友と交流できる場でもあります。私自身、在籍中は多くの先輩方にサポートして頂きました。そのお陰で不安や疑問は徐々に解消され無事に修了できましたので、自分も後輩を少しでも助けることができれば、という思いと、偉大な先輩方のようになりたいという気持ち、研究科発展に向けて同窓会として協力できることは何か、ということを考え、学習相談を企画しています。今後も続けていきたいと思いますので、みなさまのご協力を賜りたくお願い致します。
 4月13日当日は、西山を含め、5名の相談員が所沢の研修会場に集まりました。他に兵庫県から文化情報専攻2012年度修了生がサイバーゼミ・システムによって参加されました。当日早朝、淡路島でマグニチュード6.3という大きな地震があったのですが、ネット環境およびシステム動作は完璧で、ICT による修学の可能性を会場の参加者全員で確認する結果となりました。不安な状況にも関わらず、ご参加くださったことに改めてお礼申します。また、事前準備にご対応くださいました荒関先生、サイバーゼミ窓口の森下さん、ヘルプデスクの片根さん、そして事務課の皆さん、ご協力ありがとうございました。
 以下、当日参加くださった相談員の声をお届けします。

国際情報2年
 1年前を思い出しますと、これからどのように進めればよいのか、どのように生活が変わるのかイメージできず不安でいっぱいでした。質問もまだまだたくさんあったかと思いますが、1時間があっという間でした。学習相談は新しい試みです。相談方法もこれから改善していくこともありますし、今後も続いていけばと思います。少しでもお役に立てれば幸いです。

国際情報2年
 思えば、ちょうど1年前、開講式で「大学院要覧」、「講義概要」が配布されてから、履修科目の組み合わせ、単位取得、リポート課題作成と進め方などについて、いろいろと悩んでいたことを思い出します。そんな時の先輩方からのご意見、アドバイスがいかに有り難いものであったことか。その時の感謝の気持ちを少しでも形に表したく、今回の学習相談会に参加させていただきました。
 このような企画がより良い形で代々継承され、我々の総合社会情報研究科の発展に繋げていきたいと思います。

国際情報9期生
 修了してしまうと、遠方の方も多く、なかなかお会いすることもままならず、自分の本来の生活に戻り、大学院の方に意識を向けることは難しいと感じました。(メールもこまめにみないなど。)
 PC研修会に参加された新入生は女性の方が多いのでしょうか。与えられた課題(パソコン研修)をマスターするだけで精一杯の方もおられたと思います。
 全体での挙手方式では、ある程度、学生生活をイメージしている人しか質問しづらいです。一つのテーブルに一人のサポーターをつけての雑談タイムを最後に10分くらい設けると、全員がお話できたかもしれません。

国際情報2年
 昨年1年生だった私も開講式、オリエンテーションに続き、PC研修会の時期というのはこれから始まる2年間への期待と不安で胸がいっぱいでした。同期の新入生とも未だ打ち解けず、どの科目を履修すればいいのか、実際のレポートは何を書いたら良いのか相談することもできずに悩んでいました。こんな時に気軽に相談できる相手が見つかればいいなと思っていましたので、今回のような相談会はきっと1年生の皆さんにも喜んで頂けたかと思います。皆さん一生懸命、真剣なまなざしでメモを取りながら私たちのアドバイスを聞いておられたのがとても印象的でした。

Copyright © 2012 日本大学大学院総合社会情報研究科 All Rights Reserved.