守重信郎著 (時事通信社)
『楽器学入門 写真でわかる!楽器の歴史』

同窓生の守重信郎さんが『楽器学入門 写真でわかる!楽器の歴史』という本を出版されました。 「楽器学」の入門書として「楽器の歴史」をとりあげ、ピアノなどの鍵盤楽器、ヴァイオリンなどの弦楽器、 フルートやクラリネットなどの木管楽器、ホルンやトランぺットなどの金管楽器、そしてティンパニやマリンバなどの打楽器、 さらに日本の楽器や民族楽器といった楽器全般の歴史をまとめたものです。 武蔵野音楽大学楽器博物館から400点に近い数の写真を供していただき、写真と文章とで各楽器の歴史を分かりやすく解説してあります。 写真の多くはプロが撮影しており、「楽器の図鑑」としても楽しめます。

Copyright @ 2012 日本大学大学院総合社会情報研究科 All Rights Reserved.